So-net無料ブログ作成
検索選択

「すべてがFになる」主題歌の「デジタルモグラ」が公開!「ゲスの極み乙女。」の最新曲!歌詞の意味は?他の曲はなんて曲!?どういう曲を歌っている??

今回、「すべてがFになる」の主題歌は、ゲスの極み乙女。の「デジタルモグラ」でした!
実は、私はゲスの極み乙女。が結構好きなので記事にしてみました!

スポンサーリンク





<デジタルモグラについて>



まずは「すべてがFになる」の主題歌である「デジタルモグラ」について取り上げます。
曲の好き嫌いは人によって違うので、歌詞の意味について取り上げます。

まず、この曲に対してボーカルの川谷絵音(えのぴょん)は、以下のようなコメントを残しているそうです。

「ネット社会からみられているというのを何かで表現したくて。そしたらモグラが出てきたんです。」

そう言われれば、そのような歌詞が目立ちます。

例えば、

「失笑顔のモグラが世界中に配信中です」
「アレに激写されたんだ」
「みんないつだって見られてんだって。なんで誰も気づかないんだよ」
「監視されてたんだ、モグラごときに。最新機能付きだけどね」
「ああやってこうやって誤魔化しても配信されちゃうよ」

私が見つけたのは以上です。
「デジタル」というのはネット社会を指し、モグラはそこで自分たちを取り上げている人のことを指しているように見えます。

そして、サビでは川谷絵音の叫びがそのまま歌詞になっているような気がします。

「誰が理想ってやつなんだ、何が理想ってやつなんだ…。
答えてよ、デジタルモグラ!!」

デジタルモグラに対して、どんな自分が望まれているのか。それを叫んでいるような歌詞なのではないでしょうか。

スポンサーリンク





一般的な人と同じように、何を望まれているのかを強く意識して生きている、人間臭い川谷絵音氏の姿が投影されているような気がします。

<ゲスの極み乙女。の曲>



ゲスの極み乙女。は個性的な曲が多く出ています。
それぞれ、歌詞にメッセージが込められている気がします。

で、だいたいの歌詞がかなり後ろ向き(笑)。かなり悟っています。(笑)

では、後ろ向き歌詞シリーズ行きます。

「パラレルスペック」

「今日もゲスな歌詞を歌うのには、特に理由なんて必要ない。
明日もきっとまた嫌われて、それでまた毒を紡ぐのさ」

このバンドでいかに叩かれることが多いかを物語っている歌詞だと思います。
でも、その中で出てきた「毒」を糧に、歌詞にしている様です。

彼らの素晴らしいところは、自由に歌を歌っている様に見える所だと思います。
だからこそ、そういう姿を見ると叩きたくなる人は多いのだろうと感じました。

「ぶらっくパレード

「ああ言うなら、こう言うのがしきたりとかほざいてるから、最後まで気付かないふりするの上手くなっただけだよ」

いわゆる「常識」に対しての疑問を歌っているように見えます。さらに、そこから上手く過ごしているところまで歌っています。皆さんもこういう所、共感できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。